40代の私が短期間で転職を成功させた、ある方法

40代の転職市場は過当競争

 

 現在そして近い将来の40代はいわゆる段階ジュニア世代であり、世代別人口構成の中でも非常に数の多い世代になります。そのため、40代にとっての転職市場は過当競争になっていて、苦戦を強いられているのが現状です。

 

 

40代転職に優位になる能力とは

  •  十分なマネジメント経験
  •  卓越した専門スキル
  •  優良顧客の保有

 

 

 

40代転職は短期戦を目指すのがポイント

 

 40代の転職に長期戦はおすすめしません。最短で転職できるように「コネ」「転職エージェントの活用」「個別応募」の順に転職先を探すのが有利な方法になります。

 

優先順位の1位はコネ

 

 最も転職成功率が高いのは「コネ」です。つまり在職中に築き上げてきた取引先や関係者等の人脈を通して転職先を斡旋してもらうケースです。

 

 この場合は双方とも転職者の強みと弱み、そして過去の経歴を熟知しておりますので、転職先でもミスマッチが起きにくいケースになります。

 

 また、双方とも情報を把握しているため採用コストも削減でき、採用側にとっても望ましいケースとなります。

 

 ただし、この場合は在職中にそれ相応の評価を内外から得ていなければならず、多くの40代転職者にとってはレアなケースとなります。

 

 

 

優先順位の2位は転職エージェント

 

 次に成功率が高いのは「転職エージェントの活用」になります。転職エージェント側には、一般には公開されない求人情報も確保されているため転職先の選択肢が広がります。

 

 それに加え、転職希望者の強みと弱み、そして転職市場でのポジションを客観的に分析してくれるため、転職希望者の進むべき方向も示唆してもらえます。

 

 

優先順位の3位は個別応募

 

 「個別応募」については、自身で個別の企業に応募するケースで、転職活動としては最も一般的且つ敷居の低い方法になります。

 

 逆に言えば、多くの転職希望者も同様の方法で転職希望企業へアクセスするはずであり、競争率の高い方法となるケースでもあります。

 

 したがって、「コネ」、が難しい場合には「転職エージェント」と併せて検討するのがよい方法と言えるでしょう。

 

 

マネジメント能力が転職最大の武器になる

 

 ほとんどの転職先では年功序列をベースとしており、実務作業については給与の低い20〜30代前半を担当者としてアサインする傾向があります。

 

 したがって40代近くの人材には、そういった実務作業担当に介入する余地はほとんど無く、必然的に担当者をマネジメントしていくポストに就くよう求められます。

 

 

採用する側が、年代別に評価するポイント

  •  20代では、若さ、やる気、学ぶ姿勢
  •  30代では、経験値、常識、体力
  •  40代では、豊かな経験値、マネジメント能力

 

 したがって、業界を通じて卓越した専門スキルを保有していない限りは、少人数でも良いのでマネジメントした経験があることをアピールする必要があります

 

 その際は、マネジメントにおいてどのような問題が発生して、どのように行動して、どのように解決に導いたかを、具体的事例とともに示すとよいでしょう。



 
トップページ 転職5ステップ 中高年向け転職サイト