中高年の転職をスムーズに行うための5ステップ

 転職活動を開始するぞ!という決意を固めてみたものの、なにから手を付ければいいか分からない。そんな中高年の方も多いのではないでしょうか?

 

 しかし、大丈夫です。転職活動は、行うべきこと、準備しておくべきことがはっきりとしていますので、事前に転職の流れを確認し、やるべきことを押さえておきさえすれば、転職活動をスムーズに行うことができます。そこで、ここでは中高年の転職の流れについてまとめてみました。

 

ステップ1.プランを立てる

 実際に転職活動のアクションを起こす前に、しっかりと計画を立てましょう。例えば、退職日を決めて在職中に転職活動を行うのか、それとも現在の職場を完全に退職した後転職活動を開始するのかによって、以降の流れが全く変わってきます。

 

 また、転職後にどのような職に就きたいのか、年収や待遇のアップを希望するのかといったことも具体的につめておくと良いでしょう。そうすることで、以降の活動がやりやすくなります。

 

 

 

 

ステップ2.求人情報を手に入れる

 中高年の転職活動の場合、情報収集の時点で案件がなかなか見つからず、挫折を味わったり諦めの気持ちを抱いたりする方が少なくありません。しかし、中高年の求人というものは、探し方さえ間違えなければ必ず見つかります。

 

 例えば、リクナビNEXTで履歴書や実績を公開しておけばスカウトされることもありますし、リクルートエージェントのようなキャリアアドバイザーを利用できるサービスを使えば、経験豊かな中高年を対象とした求人案件を紹介してもらうことも可能です。

 

 信頼度が高い求人サイトや転職支援サイトを上手に利用し、情報収集を行ってみて下さいね。

 

 

 

 

 

 

ステップ3.希望の求人に応募する

 情報収集がある程度完了したら、次は実際に就職したい会社を選びます。会社探しは、リクナビNEXTなどで条件を絞り込んで検索するとスムーズに進みます。また、転職支援サイトではweb上からのエントリーができる場合もあるため、郵送での応募よりもスムーズに応募手続きが進む場合もあります。

 

 また、リクルートエージェントのようにキャリアアドバイザーが用意されている転職サイトの場合は、会社探しから応募、応募先の企業との折衝なども任せられますので、働きながら転職活動を行うことも可能です。

 

 

 

 

ステップ4.面接を通過

 中高年の転職では、面接で今まで社会人として積み重ねてきた実績や経歴をしっかりとアピールすることが重要になります。

 

 特に、近年企業は即戦力となる経験豊かな人材や、管理職経験者を優遇する傾向にありますので、自分の実績や経験を客観的に判断し、相手に分かりやすく伝えられるよう、じっくりと準備をしておきましょう。

 

 

 

 

 

 

ステップ5.新しいスタートへの退社・入社準備

 再就職先が決まる、決まらないにかかわらず、転職をする場合には円満退社に向けた準備が必要です。退職前の準備には

 

  • 退職の意志表示を行う
  • 具体的な退職日を決める
  • 退職願いを提出する
  • 仕事の引き継ぎを行う
  • 得意先などへのあいさつ

 

といったものがあります。転職を行う際には、これらの項目について何をすべきか具体的に考え、準備を行いましょう。

 

 また、再就職先への入社に備え、受領品の返却や、雇用保険・健康保険などの手続き、年金や税金の確認などをしっかり行っておくことも大切です。

 



 
トップページ 転職5ステップ 中高年向け転職サイト