用意しておくと身を助ける退社の理由

上手な理由でスムーズな退社を

 

 転職することを目的に退社する人もいれば、会社都合で退社せざるを得ず、その結果、転職することになる人もいると思います。いずれにしても、退社する時には理由があり、そしてそれを人に伝えなければならない場面も出てくるでしょう。

 

 スムーズに退社するには、上手な理由が必要です。特に自分の都合で辞める場合には、会社にその理由を告げ、退社するの許可を貰わなければなりません。中高年は会社にそれなりに貢献してきているため、定年のその日まで働いてもらいたいと引き止められることもあるでしょう。

 

 そうした中でも引き止めをひらりとかわす理由を用意し、スムーズな退社を目指すことが求められます。

 

複数の理由でトラブルの少ない退社を

 

 スムーズな退社はもちろんのこと、できればトラブルを生じにくくさせておきたいところ。退社の理由を告げる相手は会社だけではありません。得意先、取引先、上司以外の社員、それ以外の友人などにも理由を添えて退職することを告げるのが一般的。

 

 全ての人に対して同じ理由で通用するでしょうか。そんなことはないでしょう。「一身上の都合で」という理由で通用するケースもあれば、「いやいや、ちゃんと理由を伝えてください」と言ってくる間柄の人もいるはずです。

 

 トラブルや面倒を減らしたければ、複数の理由を用意し、それを適切に使い分けること。これを知っているだけでも退社時のハードルが幾つか減ると思います。

 

 

 

【関連記事】



 
トップページ 転職5ステップ 中高年向け転職サイト